新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、PCカンファレンス北海道2020は、11/23(月)~11/28(土)にオンラインにて開催しました。
多くの皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。

学生プレゼンテーションスキル賞:
西島花音さん(公立千歳科学技術大学)
「教育教材と教育補助教材に関するデジタル漫画の構造的差異の考察」

PCカンファレンス北海道2020報告 (PDF:1.2MB)

大会テーマ「Beyond the Border 〜 新しい学びのスタイルへ 〜

11月28日(土)スケジュール


パネルディスカッション
テーマ:「新型コロナへの道内大学の対応と新たな講義スタイル」
開催日時:2020年11月28日 13:10〜14:50
パネリスト:桑田喜隆 先生(室蘭工業大学)
      重田勝介 先生(北海道大学)
      皆川雅章 先生(札幌学院大学)
コーディネーター:森夏節 先生(酪農学園大学)



分科会発表申込期間: 10/5(月)~10/26(月)
発表原稿提出期限 : 11/2(月)
発表ビデオ提出期限: 11/10(火)
大会参加申込期間 : 10/1(木)~11/20(金)
発表原稿掲載期間 : 11/23(月)~11/28(土) ※オンデマンド発表期間
※参加料無料、論文集1,000円


テーマ:プログラミング教育必修化がもたらす未来
日 時:2018年11月3日(土) 12:30-17:00 / 4日(日) 9:30-15:00
会 場:北翔大学 北方圏学術情報センターPORTO(ポルト)
    札幌市中央区南1条西22丁目1番1号 ※地下鉄東西線西18丁目駅1番出口徒歩7分
特設サイト

全国各地から多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

学生プレゼンテーションスキル賞優秀賞 受賞者
伊藤 優(千歳科学技術大学 理工学部 情報システム工学科)
「小学校のプログラミング教育必修化における教育の手法に関する報告」
佐々木 優弥(北見工業大学院 情報システム工学専攻)
「北見工業大学において好まれるゲームジャンルとそのプレイ時間がもたらす単位修得への影響の解析と学習傾向の分析」




開催趣旨

2020年から小学校で新学習指導要領が全面実施され、本年度から先行実施が始まりました。「情報活用能力」を「学習の基盤となる資質・能力」と位置付け、 教科横断的に育成する旨とともに、小中高を通じてプログラミング教育の充実が明記されました。

初めて小学校で導入されるとともに、2022年度から年次実行で実施される高等学校では全員がプログラミングを学ぶことになり、小中高と段階的にプログラミング教育を受けることになります。

本研究会では従来から生徒全員に実施している中学校におけるプログラミング教育の実践事例と、さまざまな学習活動が想定されている小学校での展望を紹介していただきます。

プログラミング教育の現状と課題を知り、プログラミング教育の可能性と今後の学びの質向上につなげるための対策を議論したいと思います。

プログラム

13:00 - 13:05
[ 開会の挨拶 ]
13:05 - 13:35
[ 講演1 ]

「プログラミングによる問題の解決」への挑戦
講師 紺谷 正樹 氏(月形町立月形中学校技術科教諭)

13:35 - 14:05
[ 講演2 ]

プログラミング教育必修化 小学校の現状と課題
講師 佐藤 祈 氏(岩見沢市立北真小学校教頭)

14:05 - 14:20
[ 休憩 ]
14:20 - 14:50
[ 講演3 ]

発達段階に応じたプログラミング教育の実践例~小中高での取り組み~
講師 森棟 隆一 氏(白百合学園中学高等学校情報科教諭)

14:50 - 15:25
[ 質疑応答&ディスカッション ]
15:25 - 15:30
[ 閉会の挨拶 ]

講演資料

紺谷先生資料(PDF)
佐藤先生資料(PDF)
森棟先生資料(PDF)