開催概要

テーマ 教育と学びにおけるコンピュータおよびネットワークの利用のあり方等の研究やその実践の報告
開催日 2011年3月26日(土) 13:00 - 17:15
会場名 大学生協杉並会館 地下会議室 (東京都杉並区和田3-30-22)

「CIEC春季研究会 2011」開催のお知らせ

ご無事であることを心よりお祈り申し上げますと共に、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

CIEC会長、副会長からの「東北地方太平洋沖地震お見舞い」メッセージにも書かれておりますが、ネットワークメディア活用による情報対応能力が極めて重要であることは明らかであり、情報弱者への対応も大きな問題になっております。

このような緊急事態だからこそ、教育と学びにおけるコンピュータおよびネットワークの利用のあり方等に関する研究成果に、数多くの課題があることに「気づき」、そこから何を「学び」、そして何を「考え」「行動」すべきかを議論できるかもしれません。我々にできることは、教育・研究者として、いかなる事態でも、教育や研究を継続し、比較的被害の少なかった東京で予定されていた平常の活動や研究会を粛々と進めることも重要であると考えます。

東日本大震災以降、このような研究会などは、中止が当然という流れで、全国的に様々な学会や研究会などが次々と中止されていますが、教育・ 研究活動に支障が生じていることについて懸念を表明している発表者や参加者が複数いますし、逆にこのような事態であるからこそ、教育や研究に関わる者が集まる必要があると考える発表者や参加者がいることも事実です。

発表は、当初のプログラム通りに行う予定にしております。しかしながら、様々な事情等により、空白となる時間帯や発表順序の変更、発表会場の合併等が生じる可能性があることを、ご了承ください。

会場 (〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協会館) の建物は、幸い損害もなく使用可能の状態です。

一定の落ち着きを取り戻しつつありますが、いまだ、交通事情、停電等における突然の事態により、開催直前・開催中に中止・中断せざるをえない可能性は否定できません。

発表・参加についてはこのような条件を考慮し、くれぐれも無理のない範囲でご参加ください。

都合により、以下の発表は中止となりました。 [ 2011.3.24現在 ]

  • B会場 セッション3 実践論文「タブレットPCを用いた韓国語電子教科書の試作および評価」
  • B会場 セッション3 研究速報「更なる携帯電話機の活用による韓国語学習の拡大へ ‐ハングル検定5級試験対策用の学習アプリ‐ 」
  • B会場 セッション4 研究速報「Web作成技術に関する基礎知識の測定」
  • A会場 セッション5 資料論文「Podcastによる電子書籍 (PDF・EPUB) の配信」

開催趣旨

学びとコンピュータやネットワークの利用に関する教育や研究をされている多くの方々のご協力とご支援をいただき、CIEC研究委員会では、昨年度に続き、査読付論文誌『CIEC研究会論文誌Vol.2』を発行いたします。

コンピュータやインターネット、そして、ケータイなどの情報コミュニケーションツールが急速に高機能化し、高度化するだけでなく様々に関係しながら我々の社会生活に大きな影響を与えています。このような背景の中で、教育の質の向上のために、ICTを活用した教育に関する新しい方法がいくつも開発され、また、実際の教育の現場で多く試みられながら実践され、成果をあげていることがこの研究会での報告からもわかります。

そして、これらの成果を積み重ねることで、主観的で感覚的な評価も次第に客観的で具体的な目標とそれを達成すべきレベルとして明確に示すことができるようになると考えられます。

この研究会では、『CIEC研究会論文誌Vol.2』に掲載される教育と学びにおけるコンピュータおよびネットワークの利用のあり方等の研究やその実践の報告が行われますので、会員のみなさまの積極的な参加を期待しております。

プログラム


参加費

CIEC 会員は無料、その他の方は500円 となっています (どなたでもご参加いただけます)。



プログラム

CIEC 春季研究会2011の報告PDF論文発表プログラム(PDFファイル)

お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、以下の連絡先までご連絡ください。

CIEC 事務局
e-mail : sanka@ciec.or.jp

CIECの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

研究会への参加について

研究会には会員・非会員を問わずどなたでもご参加いただけます。
ページ下部のお申し込みフォーム(受付期間中のみ表示) よりお申し込みください。