開催概要

テーマ 実践研究における定量的および定性的評価法について ―学生・教員を対象にした意識調査のデータを利用した分析について―
開催日 2007年6月24日(日) 13:00 - 17:00
会場名 同志社大学新町キャンパス 渓水館 (けいすいかん) 1F 会議室
講師 宿久 洋 氏 (同志社大学文化情報学部)
報告書(PDFファイル) CIEC 第68回研究会の報告PDF ファイルサイズ 891358kB

開催趣旨

CIEC第66回研究会において、実践研究における定量的評価の手法に関するワークショップを開催しました。

先回に引き続き、教育現場における学校評価や授業評価などに対応するため、実践における多様かつ複雑なデータを定量的および定性的に評価する手法について、報告と意見交換を実施します。特に、意識調査に関する報告については、全国の大学1年生・教員を対象にした意識調査のデータを使用し、小中高部会が、今後、実施するアンケート分析や学習会等の活動と関連させた内容とします。

プログラム

13:00 - 15:00
大学意識調査データを用いた大学評価・講義評価の分析 -カテゴリカルデータおよび自由記述データの分析-
宿久 洋 氏 (同志社大学文化情報学部)
15:00 - 15:20
休憩
15:20 - 16:20
授業実践に関する定量的評価の手法について
16:30 -
定量的評価手法全般に関する質疑応答
17:00
終了

参加費

CIEC 会員は無料、その他の方は500円となっています (どなたでもご参加いただけます)。


お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、以下の連絡先までご連絡ください。

CIEC 事務局
e-mail : sanka@ciec.or.jp
TEL/FAX : 03-5307-1195 / 03-5307-1180

CIECの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

研究会への参加について

研究会には会員・非会員を問わずどなたでもご参加いただけます。
ページ下部のお申し込みフォーム(受付期間中のみ表示) よりお申し込みください。