開催概要

テーマ 高大接続改革 〜新しい大学入試を見据えて ICT活用はどうあるべきか〜
開催日 2016年6月19日(日) 13:00 - 15:30
会場名 早稲田大学 3号館 703教室
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目4−22
報告書(PDFファイル) CIEC第107回研究会の報告PDF ファイルサイズ 605772kB

開催趣旨

大学入試改革が2020年度から始まるといわれ、それに伴う指導要領の改訂も進んでいる現在、大学入試改革の趣旨は、高等学校教育の質の確保・向上、大学の人材育成機能の強化、大学入学者選抜の在り方を一体的に考えることにあります。

また、指導要領の改訂の趣旨は、以下の3つとなっています。

  • グローバル化や技術革新など社会の変化も見据えながら、他者と協働しながら、新しい価値を創造する力を育成する
  • 基礎的・基本的な知識・技能と、それを基礎とした思考力・判断力・表現力、主体的な学習意欲などの確かな学力を育成する
  • 主体的に学ぶ力、リーダーシップ、企画力・創造力などのクリエイティブな能力、感性や優しさ・思いやりについても重視。

初等教育だけでなく、中等教育においても「他者と協働しながら、新しい価値を創造する力」を意識したアクティブラーニングが授業スタイルのキーワードとして広まりをみせていますが、真に「主体的・能動的・創造的」な学びについて、今一度立ち止り考える必要があると考えます。育むべき「思考力・判断力・表現力、主体的な学習意欲」は、新しい入試制度でどのような変革をもたらすのか、また、変革を期待しているのかについて、ICT活用の視点からご講演を伺い、意見交換をしていきたいと思います。また、時間がゆるせば、諸外国の教育改革と入試制度を比較やIB(International Baccalaureate )の考え方などにも触れていきたいと考えております。


プログラム

12:30 - 13:00
【 受付 】
13:00 - 3:05
【 開会の挨拶 】
13:05 - 14:35
【 講演 】 高大接続改革 〜新しい大学入試を見据えて 〜ICT活用はどうあるべきか〜
馬渕 直(ベネッセ教育総合研究所)
14:35 - 14:50
【 休憩 】
14:50 - 15:50
【 意見交換 】
16:00 -
【 閉会 】

お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、以下の連絡先までご連絡ください。

CIEC 事務局
e-mail : sanka@ciec.or.jp
TEL/FAX : 03-5307-1195 / 03-5307-1180

CIECの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

研究会への参加について

研究会には会員・非会員を問わずどなたでもご参加いただけます。
ページ下部のお申し込みフォーム(受付期間中のみ表示) よりお申し込みください。