開催概要

テーマ 求められる新教育スタイルとポストコロナへの展望  -中国と日本の状況―
開催日 2021年3月27日(土) 14:00 (日本時間) - 16:30 (日本時間)
会場名
Zoomによる開催
共催 CIEC小中高部会、中国・吉林省人工知能と教育融合創造センター
講師 中国・東北師範大学 張海 教授  / 札幌学院大学 皆川雅章 教授  / 中国・長春第三十中学校 張晶 校長  /  北海道月形町立月形中学校 紺谷正樹 教諭

 コロナ禍で私たちの生活は、さまざまな面で制約を受けることになりました。教育の現場では、小中高さらに大学まで含めて休講や遠隔授業が頻発し、リモートでの教育が主という新しい教育形態を導入せざるを得なくなっています。たとえ登校できる状況になったとしても、時差登校や分散登校、クラブ活動や学校行事の制限などが続いており、そのような状況下で、児童・生徒・学生・教職員には新しい対応が求められています。
 CIEC国際活動委員会の研究会として、中国長春の大学および中学校の先生方から、それぞれどのような教育が行われたのか、コロナ禍での現状などをご紹介いただくことにしました(中国からの発表については、通訳を通して行われます)。
さらに、日本からも、コロナ禍での取り組みを、お二人の先生からご報告いただくことにしました。今回の研究会では、これらの発表を受けて、今後のポストコロナにつながる新しい教育のスタイルを、参加されたみなさまと一緒に模索したいと思います。


プログラム

13:30 - 14:00
【 Zoom受付 】
14:00 - 14:05
【 研究会の主旨説明 】
早稲田大学高等学院(国際活動委員長)橘孝博
14:05 - 14:45
【 講演 (通訳含む) 】 大学における遠隔授業の現状
中国・東北師範大学 張海 教授
14:45 - 15:05
【 講演 】 北海道の文系私大における全学的な LMS活用の取り組み
札幌学院大学 皆川雅章 教授
15:05 - 15:45
【 講演 (通訳含む) 】 教育安穏の維持と教師・生徒の安全の確保に関する取り組み
中国・長春第三十中学校 張晶 校長
15:45 - 16:05
【 講演 】 学びあいの教室文化をオンライン上で築き上げる取り組み
北海道月形町立月形中学校 紺谷正樹  教諭
16:05 - 16:30
【 全体を通しての質疑応答・議論 】
総合司会:酪農学園大学 森夏節

お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、以下の連絡先までご連絡ください。

CIEC 事務局
e-mail : sanka@ciec.or.jp

CIECの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

研究会への参加について

研究会には会員・非会員を問わずどなたでもご参加いただけます。
ページ下部のお申し込みフォーム(受付期間中のみ表示) よりお申し込みください。

参加申し込み

お名前必須
ふりがな必須
必須
所属必須
担当教科・業務任意
住所任意
TEL必須
CIEC会員ですか?
情報教育との関係任意
意見・質問など任意