CIEC会長の若林靖永教授(京都大学経営管理大学院経営研究センター長)がCIEC会員を中心にユニークな研究や実践に取り組む方々を自らがインタビューする企画の第4回を公開しました。

今回のお相手は「2019年度 CIEC学会賞 論文賞」を受賞した論文「「ロボットに命はあるの?」人とロボットの心を考えた小学校2年生道徳の授業」(『コンピュータ&エデュケーション』vol.45, pp.41-47,2018)の著者である、面川怜花さん(東京学芸大学附属世田谷小学校教諭)と松浦執さん(東京学芸大学教育学部教授)のお二人です。

ぜひご一読ください。ソーシャルでのシェアも大歓迎です。