開催概要

テーマ ここからはじめる「学び」のための学習分析(LA)− LAの海外事情と標準化活動を基礎にして −
開催日 2016年7月24日(日) 13:00 - 17:30
会場名 青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル9階第16会議室(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
報告書(PDFファイル) CIEC第108回研究会の報告PDF ファイルサイズ 226658kB

開催趣旨

周知のように,eラーニングに代表される教育システムでは,学習者の履歴情報がLMSあるいはeポートフォリオとして,随時蓄積されています。これらの教育ビッグデータを,データマイニングの手法等により分析し,学習者により適した教育を提供しようとするLearning Analytics(LA)が,最近欧米で注目されています。そこで,2015年に設立された「学習分析学会(JASLA)」とCIEC国際活動委員会とのコラボレーションを開催します。

はじめに,JASLA理事長である田村恭久先生から,国際会議 LAK 2016 での国際的な研究動向・調査結果を中心としたご講演を頂き,欧米を中心とした海外の先進的なLAの取り組みを踏まえて参ります。

引き続き,2015年度会誌(Vol.38)「ラーニングアナリティクスと教育クラウド」の特集に投稿された岡山大学大学院 寺澤 孝文先生からは,教育ビッグデータに関するご自身の研究において,「スケジューリング技術」を原理として考案された「マイクロステップ法」を用いて収集される大量のデータから,全ての子どもの学習の積み重ねと見通しが可視化され,個別フィードバックされる支援が実用化されたこと,さらにまた,収集された高精度のビッグデータが実現するエビデンスベースの学習指導とその大きな可能性についてのご講演を頂きます。

この2つのLAのご講演から,最新の国際事情を踏まえ,学習者に有意義な新たな教育の情報化への道を探ります。


プログラム

12:30 -
【 受付開始 】
13:00 - 13:05
【 開会の挨拶 】
13:05 - 14:35
【 講演 】 Learning Analyticsの概要と最新研究動向
田村 恭久 先生
上智大学 理工学部情報理工学科 教授 JASLA理長
14:40 - 16:10
【 講演 】 教育ビッグデータが開く新しい学習指導と大きな可能性
寺澤 孝文 先生
岡山大学大学院 教育学研究科 教授
16:10 - 16:20
【 休憩 】
16:30 - 17:30
【 意見交換 】

お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、以下の連絡先までご連絡ください。

CIEC 事務局
e-mail : sanka@ciec.or.jp
TEL/FAX : 03-5307-1195 / 03-5307-1180

CIECの個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

研究会への参加について

研究会には会員・非会員を問わずどなたでもご参加いただけます。
ページ下部のお申し込みフォーム(受付期間中のみ表示) よりお申し込みください。